ムチウチに強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故 ムチウチ被害サポート by 弁護士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

「お客様相談室」は依頼者の方がご利用いただけます。何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。お客様相談室があることによって,初めての方でも安心してご依頼いただけるかと思います。ムチウチのお悩みは弁護士法人心へご相談ください。

ムチウチでも後遺障害はつくのでしょうか?
交通事故でムチウチになり,痛みやしびれが残ってしまったとき,12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」か,14級9号「局部に神経症状を残すもの」として,後遺障・・・続きはこちら
ムチウチでも休業損害の賠償は受けられるのでしょうか?
交通事故でムチウチとなった場合には,首の痛みやしびれ,吐き気,めまいなどの症状が出てくることがあります。職種によっては,それらの症状によって仕事が全くできないとい・・・続きはこちら
交通事故でムチウチになり,後遺障害を申請しましたが非該当と判断されました。こんなに痛くてつらいのに,もう打つ手はないのでしょうか?
後遺障害の申請をしたが非該当となった等,等級認定の結果に納得がいかない場合は,異議申立てをすることで,等級が変わることがあります。異議申立てを行う際に最低限必要な・・・続きはこちら
信号待ちで停車中に後ろから追突され,ムチウチになってしまいました。首や背中に強い痛みやしびれが出ているのですが,ムチウチの治療費は3か月しか支払われないというのは本当ですか?
症状が重い場合であっても,ムチウチについては,相手方保険会社から症状を不当に軽く見られ,治療費の支払いを3か月程度で終了すると連絡してくることも多いことから,「ム・・・続きはこちら

Q&A一覧はこちら

保険会社とのやり取りなど,ムチウチ治療を行っている時に疑問や不安を感じることもあるかと思います。多く寄せられるムチウチに関する疑問にお答えしているページですので,参考にしていただければと思います。

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

弁護士法人心ではムチウチなどの交通事故・後遺障害案件を得意としている弁護士がチームを作っております。ムチウチにつきましては,自信を持って対応させていただきますので,ムチウチでお悩みの方はご相談ください。

スタッフ紹介へ

依頼者の方がムチウチ治療に専念できるように,弁護士がサポートいたします。ご相談いただきますと,保険会社とのやり取りを代わりに行うことができますし,ムチウチの後遺障害申請についてサポートすることもできます。ムチウチでお悩みの際は弁護士法人心をご利用ください。

対応エリア

ムチウチの悩みを相談したいが近くに法律事務所がない,症状が辛くて事務所を訪れるのが困難だという方でもご利用いただけるように,弁護士法人心ではお電話でのご相談を承っております。ムチウチの悩みを抱えている方はお気軽にお問合せください。

新着情報

初めてのお客様専用ダイヤルからご相談の受付を行っております。平日は22時まで,土日は18時まで受け付けております。ムチウチでお悩みの方は弁護士法人心へご相談ください。年末年始等の営業日等もこちらに掲載しております。

ムチウチ事故について弁護士に依頼した方がよい理由

1 ムチウチ事故の特徴

交通事故に遭ったときにムチウチの症状が出る方はとても多いです。

ムチウチの被害に遭った方は,首に痛みが生じたり,腕がしびれたり色々な症状が出ることがあります。

痛みが強い方の場合,夜なかなか眠れないほど痛みを感じたり,1年以上病院に通院しても,痛みが消えなかったりする方もいます。

ムチウチの場合に一つ注意しなければならないのが,ムチウチの症状は,被害者以外の人が見たときに,客観的に判断することが難しいということです。

つまり,被害者の方本人はすごく痛みを感じているにもかかわらず,その痛みの有無,程度を,第三者が正確に判断できないのです。

これは医者であっても同じで,被害者の方の痛みについて正確に判断することはできません。

レントゲンやMRI画像で異常が発見できる場合は少なく,ほとんどの場合,被害者の方本人の訴えている症状をもとに,その有無,程度を判断するしかない場合もあるのです。

2 弁護士に依頼した方がよい理由

⑴ ムチウチ事故の特徴として,上記のとおり,本人の訴えている症状の真偽を第三者が判断することが難しいということがあります。

医者であっても判断できない場合があるため,本当に痛みがあるのかどうかを第三者に理解してもらえず,相手方の保険会社からは,痛みがあることを疑われてしまうことさえあります。

そのような疑いをもたれないために,ムチウチの被害者の方は,弁護士に相談する等してしっかりと対策をとる必要があります。

⑵ア まず,病院に通院していない場合には,痛みがあることを理解してもらえない可能性が高くなります。

なぜなら,痛みがある場合は病院に通院するはずだと考えられるためです。

そのため,しっかりと通院し,通院にあたって不安な点を,弁護士に相談することをおすすめします。

イ 次に,ムチウチの場合に通常行われる検査を受けてください。

ジャクソンテストやスパーリングテスト等,ムチウチの場合に通常行われる検査はいくつかあります。

どのような検査を受けるべきか不安な場合は,一度弁護士へご相談ください。

ウ 最後に,ムチウチの症状が固定したり治ったりした場合には,示談の手続に進むことになりますが,示談金については,被害者の方本人ではなく弁護士が交渉をした方が,金額が高くなることが多いです。

そのため,示談金の交渉だけを弁護士にまかせたいという方も,お気軽に弁護士法人心までご連絡ください。

弁護士法人心がムチウチ案件を得意とする理由

1 ムチウチ案件の難しさ

交通事故に遭った被害者の方で一番多く見られる症状はムチウチであるといわれています。

ムチウチとは正式な病名ではなく,医師の診断書上は頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などと記載されるものであり,外部からの強い衝撃により頭部が鞭を打つように振り回されることによって痛み等の症状が生じます。

しかし,被害者の方自身は痛みを感じているにもかかわらず,レントゲンやMRIなどの精密な検査をしても痛み等の原因が写っている場合は少なく,治療の必要性や休業の必要性についての判断が難しいのが実情です。

そのため,相手方保険会社から治療について早期に打ち切るように働きかけがあったり,治療終了時に症状が残っていたとしても後遺障害として認定される可能性は低いと言われています。

そのため,ムチウチの症状で苦しんでいるにもかかわらず治療が打ち切られ,十分な賠償も受けられないまま泣き寝入りしてしまう方もいらっしゃいます。

2 弁護士法人心がムチウチ案件を得意とする理由

⑴ 交通事故チームを作っていること

弁護士法人心では,交通事故で一番多い症状なのに,泣き寝入りしてしまう方が多くいるという現状を何とかしたい,力になりたいとの思いで,交通事故チームを作り,多くの交通事故案件を取り扱ってきた実績があります。

その経験の中で,どのようにすればしっかりと治療が受けられるのか,適切な賠償金が得られるのか,といったノウハウを構築してきました。

⑵ 損害保険料率算出機構の元スタッフが在籍していること

交通事故によって負った怪我の症状が残ってしまった場合に,後遺障害として申請することが考えられますが,その際,後遺障害として認められるか否かを判断するのが損害保険料率算出機構です。

後遺障害として認定されるか否かについての基準は定められていますが,どのような要素があればその基準を満たすのかは公表されていません。

しかし,弁護士法人心では損害保険料率算出機構で実際に後遺障害としての認定を行ってきた元スタッフが在籍しており,適切な後遺障害認定を受けるための具体的なアドバイスをすることができます。

ムチウチについて弁護士に依頼するメリット

1 交通事故とムチウチ

交通事故の被害にあってしまった場合,最もよく見られる症状といっても過言ではないのが,腰椎捻挫や頚椎の捻挫等,いわゆるムチウチの症状です。

ムチウチの症状も,程度が酷い場合には後遺障害として認められます。

より酷い場合には12級,比較的軽度な場合には14級の認定がなされます。

2 ムチウチの慰謝料

慰謝料額を決める計算方法には3つの基準があります。

まずは,被害者に対して最低限の保障をする役割ともつ自賠責の基準です。

次に,任意保険会社の提示する基準があります。

これは,保険会社ごとに少しずつ異なる基準ではありますが,基本的には自賠責基準に多少上乗せした程度の金額となります。

そして,3つ目の基準が弁護士基準です。

弁護士基準は,先の2つの基準と比べると相当程度高額になるのが通常です。

このような慰謝料の計算は,当然ムチウチの場合にも当てはまります。

ムチウチの場合でも,弁護士を介入させる場合,させない場合で慰謝料の計算方法自体が変わります。

さらに,先ほど少し紹介した後遺障害が残った場合には,弁護士を介在させる場合,させない場合の慰謝料額の差は顕著です。

3 後遺障害認定を受けるために

そもそも,通院慰謝料とは別に後遺障害慰謝料の支払いを受けるためには,後遺障害の認定を受けなければなりませんが,事故後に症状が残っていれば当然に認定を受けられるというものではありません。

後遺障害の認定においては,医師の後遺障害診断書や,被害者の方がどのくらいの頻度で病院に通われたか等がポイントになります。

しかし,医師が後遺障害ありと考えていても,それをもって認定を受けられるというわけではないのです。

適切な認定を受けるためには,必要なポイントを含んだ後遺障害診断書であることが重要になります。

そして,医師は人の身体を治療する専門家ですが,後遺障害認定の専門家ではないので,どのような記載が後遺障害認定につながるのかを正確には把握していないことも多いです。

つまり,医師がどんなに後遺障害ありと考えていたとしても,後遺障害認定に必要な内容を盛り込んだ診断書を作成しているとは限らないのです。

したがって,後遺障害認定の専門家である弁護士が,症状に応じた適切な認定を受けられるようにするため,サポートすることが必要になってきます。

4 交通事故によるムチウチ症状にお悩みの方へ

以上のように,交通事故によりムチウチの症状が生じた方にとって,弁護士に依頼することのメリットは大きいと考えられます。

弁護士法人心では,交通事故被害にあった全国どこにお住まいの方についても対応させていただいております。

ムチウチにお悩みの方は,弁護士法人心にお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ムチウチについて弁護士に相談

交通事故でムチウチになってしまった方から,弁護士へのご相談を頂く場合がたくさんあります。

まず,ムチウチの場合,交通事故から3か月程度経過すると,相手方保険会社からそろそろ治療が終わらないかという旨の連絡が入ることがよくあります。

まだムチウチの痛みが残っている場合に,どうしてよいかわからず弁護士にご相談される方が多くおられます。

また,長期間治療を続けてもムチウチの症状が残っている場合に,後遺障害の申請をする方も多くおられます。

保険会社を通じて後遺障害申請をする方法もあるのですが,デメリットも考えられますので,弁護士を通じて後遺障害申請をする方法をおすすめしております。

また,示談交渉段階において,保険会社から示談金額の提示があったけれども,金額が低すぎる,あるいは,それが適切な金額かわからないといったご相談も多くあります。

ムチウチに関してこのようなお悩みをお持ちの方は,弁護士にご相談いただくのがよいかと思います。弁護士法人心では,これまでムチウチに関するご相談をたくさん承っておりますので,お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ